ゆのくに天祥 > SDGsの取り組み

「持続可能な社会の実現」に向けての私たちの取り組み

人と人とが共存共栄できる思いやりにあふれた社会づくり Japan Committed to SDGs

人は一人では生きていけません。お互いに助け合いながら生きてこの平和な社会が築き上げられました。しかしながら、文明の進歩によって人間関係が希薄になり、他者や自分以外のものに対する思いやりがなくなってきているように感じます。平気で親や我が子を傷つけてしまったり、自分のストレスのはけ口として他人へ危害を加えてしまうという悲しい事件も多発しています。
当社は創業以来、「大切な人を大切に思う心」でよい人間関係を築くことを行ってまりいましたが、人と人とが思いやり、助け合っていけるうるおいのある社会づくりを進めていけるようにこれからも努力いたします。

SDGs

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは?

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは "Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)" の略称。
2015年9月、ニューヨーク国連本部にて開かれた「国連持続可能な開発サミット」において、国連加盟国により採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された「2016年から2030年までの国際目標」のことです。
すべての人が平和と豊かさを享受できることを目指し、「17のグローバル目標」と「169のターゲット(達成基準)」で構成されており、地球上に誰一人として取り残さない("leave no one behind")ことを誓っています。
ゆのくに天祥は、国連が提唱するこの「持続可能な開発目標」に賛同、「持続可能な社会の実現」に向けた事業展開が重要だと考えています。
当社はその事業特性を踏まえ、SDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出し、それらを解決すべくスタッフやお取引先様、地域の皆様と協力しつつ、私たちにできることを考えて社内外活動に取り組んでいきます。

8 働きがいも経済成長も

すべてのスタッフが生涯現役で活躍できるよう、館内全体の設備改善、柔軟な勤務体制の整備などでバックアップしています。さらに頻繁な改善提案や、研修を活用した部門間の連携強化などによって、会社全体の効率化と働きやすい職場づくりを促進しています。
その活動が認められて「平成30年度高齢者雇用開発コンテスト」で厚生労働大臣表彰最優秀賞を受賞しました。

7 エネルギーをみんなにそしてグリーンに

当旅館の事業活動を進めていく中で、環境保全が重要課題の一つであることを認識し、地球環境との調和、地域社会との融和を図りながら活動していくことを目指していきます。このため、私たちは、当旅館の事業活動が環境に及ぼす影響を最小限にとどめるために、以下の取組を従業員一丸となって推進します。

1. 省エネルギーを進め、二酸化炭素排出量を抑制します/2. 廃棄物の削減とリサイクルを進めます/3. 節水に努め、水の適正利用を心掛けます/4. 環境保全の取組みを推進します

この方針に基づいて従業員一人ひとりが自主的に環境保全活動に取り組むために、取組方針と取組目標及び具体的な取組内容を全従業員に周知します。

令和元年度 環境負荷の低減目標 環境保全に向けた具体的な取組
平成29年度 環境負荷の低減目標 環境保全に向けた具体的な取組
平成27年度 環境負荷の低減目標 環境保全に向けた具体的な取組
平成25年度 環境負荷の低減目標 環境保全に向けた具体的な取組
平成23年度 環境負荷の低減目標 環境保全に向けた具体的な取組
電気使用合理化活動 知事表彰

日本電気協会 石川県知事表彰を受けました。

北陸電気使用合理化委員会が推進している電気使用合理化活動において、エネルギーの有効利用に顕著な功績のあった個人や事業者等を表彰しています。

登録証(登録番号:580)

登録証(登録番号:580)

「いしかわ事業者版環境ISO」登録

ゆのくに天祥は平成23年10月24日、「いしかわ事業者版環境ISO」に登録しました。
当旅館はこれまでもさまざまな環境保全活動に取り組んでおりますが、今回の登録を機に、環境負荷の低減目標達成に向けて一層努力してまいります。

いしかわ事業者版環境ISO 平成30年度優良活動表彰を受賞しました。

平成30年12月26日(水)、ゆのくに天祥は、いしかわ事業者版環境ISO優良活動表彰を受けました。
本表彰は、平成30年3月末までに、いしかわ事業者版環境ISOに登録し、先駆的・模範的な環境保全活動に取り組んでいる事業所に対して贈られます。

太陽光発電事業

ゆのくに天祥では、「再生可能エネルギー特別措置法」に基づき、加賀市周辺の4事業所で太陽光発電事業を2015年から開始いたしました。自然環境にやさしい「再生可能エネルギー」の普及促進に努め、企業の社会的責任としての環境負荷低減と宿泊サービスの向上を通じて社会に貢献いたします。
この発電で得られる電力は、北陸電力管内の地域で使われる電力となり、想定発電量は当館の年間使用電力量の約36%です。

所在地 加賀市周辺 6事業所(発電規模合計2,147kw)
CO2削減効果 約917t CO2/年
想定発電量 当館年間使用電力の約36%
石油削減効果 約448,795L/年
ドラム缶換算(200L/本)
2,224本/年
太陽光発電
お電話でのお問い合わせはこちら Tel 0761-77-1234