ゆのくに天祥 > ご法事・ご法要プラン

ゆのくに天祥のご法事・ご法要プランのご案内

親しき方をお招きして、亡くなられた方のご冥福を祈りご法事。故人との在りし日を偲ぶご法要。
亡き人に供養の思いをお伝えし、ご縁の深かった方々と新たな絆を深める大切な日です。
ゆのくに天祥では、故人を偲ぶ御席をまごころを込めてお手伝いいたします。

プランのご案内

会場のご案内

食事処「雪」 食事処「雪」
食事処「鳳凰」 食事処「鳳凰」

ご法事・ご法要の流れ

1. 送迎

マイクロバスでの送迎につきましては、お気軽にご相談ください。

2. ご予算

ご予算・お料理内容に合わせて、お選びいただけます。

3. お料理

パンフレットでは基本プランの3つを掲載させていただいておりますが、そのほかご要望をお聞きいたします。最近では、精進料理にこだわらず、むしろ故人の好きだったお料理でのおもでなしが、故人を偲ぶ意味からもご列席いただく方に喜ばれます。

4. 引出物・引菓子

引出物や引菓子のお手配をさせていただきます。引出物、引菓子、みたまご飯など100種類以上からお選びいただけます。

引出物は手提げ袋をご用意し、お食事会場にご用意させていただきます。

5. 和室・洋室でのご会食

お客様のご要望にあわせ、お膳・和式テービル・洋テーブルでの会食を選んでいただきます。最近では、テーブル席でのご予約が多くなっております。レイアウトのご提案はもちろん、席順等のご相談もさせていただきます。

6. 地域での豊富な実績

年間数多くのご法事を承っております。今まで多くのお客様のお手伝いをさせていただき、経験が豊富です。ご安心してお問い合わせください。

宗教や地域によって違うご法要のしきたりについてもご相談ください。

7. ご宿泊も安心

ご遠方からお越しの方には、事前連絡によりご宿泊を特別料金にて承ります。

自家源泉が開湯

ご法要会席(ご昼食・ご入浴付)【要事前予約】

ご法要会席(ご昼食・ご入浴付)【要事前予約】

  • ご利用時間/11時00分~15時00分
  • お食事時間/12時00分~14時00分

ご年配の方からお若い方まで、和やかなひとときをお過ごしください。
ゆのくに天祥の吟味されたお料理と落ち着いた雰囲気は、故人を偲ぶ集いにふさわしい思いで深いものとなるでしょう。

  • 6名様よりご利用いただけます。
  • 料金はご昼食、ご入浴(ハンドタオル付)、サービス料込、消費税込、入湯税(大人のみ50円)別です。
  • お子様にはお子様ランチ3,800円コースもご用意しております。
  • 休日・休前日・特定日ののご利用は各500円増しとなります。
  • バスタオルは200円にてお貸し出ししております。

引出物

引出物

一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、二十三回忌、二十七回忌でのお組み合わせは、引出物・引菓子・記念品・おけそく・篭盛・茶菓子をご用意することが多く、三十三回忌と五十回忌には、紅白の餅と鯛をご用意するのが一般的です。

特別引出物

参会していただいた皆様へお渡しする記念品。記載の品以外にも、さまざまなご要望に対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

カタログギフト 2,700円より
フルーツパック(籠盛) 3,780円より
海苔 1,080円より
お菓子 1,620円より
お茶 1,620円
各種詰め合わせ 1,080円より

料金は消費税込みです。
詳しくは、別途パンフレットがございますので担当者にお問い合わせくださいませ。

当日までのスケジュール

当日までのお打ち合わせスケジュール

四十九日、百か日の忌日法要、一周忌、三回忌、七回忌などの年忌法要をよりよいおもてなしでお迎えするためには、事前の準備が大切となります。
一般的に、段取りしていただくものは次のとおりです。

40日前 お寺様(住職)との日時決め、法要の場所や会葬者を決めます。

ご法要は、ご命日の直前の休日に執り行う場合が多いようです。
ご法要は午前中。そして、ご会食を昼食に合わせることが一般的な進め方となります。

40日前~35日前 案内状の送付をします。

お越しになられる方々のご予定も考え、40日前~35日前にはご案内状の作成と発送をいたします。

20日前 ご出欠の確認と打ち合わせをします。

人数が決まりましたらお席順・引出物等を手配します。

3日前 詳細の確認と最終打ち合わせをします。

ご法要式、ご会食、引出物等につきまして
担当者より最終確認させていただきます。

当日 ご位牌、ご遺影をお持ちのうえ、お越しください。

ご法要のいとなみ

法要は法事ともいい、故人の冥福を祈り、その霊を慰めるために命日に行う儀式です。仏式の法要は下記の表のとおりですが、宗派によって若干の違いがあります。

初七日 正式の礼装の喪服を着用します。
四十九日  
一周忌 翌年  
三回忌 2年目 略礼装を着用します。
七回忌 6年目 略礼装の着用が良いと言われますが、華美にならない程度の平服でもよい。
十三回忌 12年目  
十七回忌 16年目  
二十三回忌 22年目 次第に招く人をしぼっていきます。
二十七回忌 26年目  
三十三回忌 32年目 ここで終わるのが一般的です。
五十回忌 49年目 故人の霊は祖先に帰ります。

担当スタッフのご紹介

北井 英治

(きたい えいじ)

ご法事とは、故人がご親族または生前親交の深かったご友人を久し振りに一同に会わせる集まりとも思っております。節目の催しを担当し、20年。お客様(施主様)のお立場に立ってご相談を承ります。

畑 浩樹

(はた ひろき)

正確で丁寧な仕事に心がけ、お客様のお手伝いをさせていただいております。小松、能美地区の方はぜひ私までお問い合わせください。

西村 千亜紀

(にしむら ちあき)

故人を偲び懐かしむひとときをお過ごしいただけますよう、お手伝いさせていただきます。お気軽にご相談くださいませ。。

前川 裕宏

(まえかわ ゆうこう)

大切なご法事・ご法要を、お問い合わせ段階から当日まで誠心誠意、対応させていただきます。丸顔の私(?)に、何なりとお問い合わせください。

大城 健一

(おおしろ けんいち)

安心感、信頼感をモットーに、大切なご法事のお手伝いをさせていただきます。分からない事はなんでもお気軽にお問合せ頂ければ、親身にご相談をお伺いいたします。

矢口 千寿子

(やぐち ちずこ)

お客様のご要望に少しでもお応えできるように、まごころを込めて、誠心誠意、お手伝いさせていただきます。

ご法事プランのお申し込みはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちら Tel 0761-77-1234